鴨長明 「無名抄」 原文と朗読

(朗読1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) [Topへ]

無名抄 鴨長明

朗読者注

 原文は学究的なものにあらずして、諸本を参照し、朗読するに最適化し、各題は長明の知らぬものとて、わずかばかりの改訂を加ふる。もとより改編の意志あらざりければ、原文にこそ従ふべし。又朗読は、原文に注を加へ詠みたるもあり。おなじ文字はところにより「ゝ」とし、繰り返しはところにより「/\」などするは、朗読者の行うものにして原文とは関わりなきものなり。

一 題の心の事

 歌は題の心[言い方、言葉付きを表す「姿」に対して、歌うべき心情、その内容]を、よく心得(こゝろう)べきなり。俊頼(としより)の髄脳(ずいなう)[源俊頼の記した歌論書。「無名抄」にはこれからの影響が大きくある。源俊頼(1055頃-1129頃)は『金葉和歌』の選者であり、藤原基俊と共に当時の歌壇の中心人物。『無名抄』によく登場する俊恵、祐盛の両法師の父親でもある]といふものにぞ、記してはべる。かならずまはして詠むべき文字、なか/\まはしては、わろく聞こゆる文字あり。かならずしも詠みすゑねど、おのづから知らるゝ文字もあり。いはゆる暁天落花(けうてんらつか)、雲間郭公(くもまのほとゝぎす)、海上明月(かいしやうめいげつ)、これらの結題(むすびだい)と呼ばれるもののごとくは、第二の文字[「天」「間」「上」といった文字]、かならずしも詠まず。みな、下(しも)の題[「落花」「郭公」「明月」]を詠むに、おのずから具(ぐ)して聞こゆる文字なり。また、かすかにて、優なる文字あり。これらは、教へ習ふべきことにあらず。よく心得つれば、その題を見るにあらはなり。

 また、題の歌は、かならずこゝろざしを深く詠むべし。たとへば祝ひには、かぎりなく久しき心をいひ、恋には、わりなく[どうしようもなく、やるせなく]浅からぬよしを詠み、もしは命にかへて花を惜しみ、家路を忘れて、紅葉をたづねむごとく、そのものにこゝろざしを深く詠むべし。古集(こしゆう)の歌どもの、さしも見えぬは、歌ざま[言葉、言い回しなどによって表された「姿」のこと]のよろしきによりて、その難を許せるなり。もろ/\の難ある歌、その会釈(ゑしやく)[前後の事情を読み込んで理解すること、通じるようにすること]によりて撰(えら)び入る、常のことなり。されど、かれつまり難ある歌をば例とすべからず。いかにも歌合(うたあわせ)などに、おなじ程なる人々の争うにとりては、いま少し題を深く思へるを、勝(まさ)ると定むるなり。たとへば、説法する人の、その仏に向かひて、よく讃嘆(さんだん)[仏の徳を褒め称えること]するがごとし。

 ただし、題をば、かならずもてなす[取りなす、取り扱う]べきぞとて、一方では古くから詠まれぬほどのことをば、こゝろすべし。たとへば、ほとゝぎすなどは、山野をたづね歩(あり)きて、聞く心を読む。うぐひすのごときは、待つ心をば詠めども、たづねて聞くよし、いと詠まず。また、鹿の音(ね)などは、聞くにもの心ぼそく、あはれなるよしをば詠めども、待つよしをば、いともいはず。かやうのことなどは、ことなる秀句(しうく)などなくば、かならず去る[避ける]べし。

 また、桜をばたづぬれど、柳をばたづねず。初雪などをば、待つ心を詠みて、時雨(しぐれ)・霰(あられ)などをば待たず。花をば、命にかへて惜しめども、紅葉をばさほどには惜しまず。これらを心得ぬは、故実(こじつ)[継承された手本としての先例]を知らぬやうなれば、よく/\古歌などをも思ひ解きて、歌のほどにしたがひて、計らふべきことなり。

二 続けがら善悪あること

 歌はたゞ、おなじ言葉なれど、続けがら、言ひがらにて、よくも悪しくも聞こゆるなり。かの紀(きの)友則(とものり)[紀貫之の従兄弟、古今和歌集の撰者だが、完成前に亡くなる]が歌に、

夕されば 佐保の川原の 川霧に
  友まどはせる 千鳥なくなり

といへる、優に聞こゆるを、おなじ古今の恋の歌のなかに、

恋しきに わびてたましひ 惑(まど)ひなば
 むなしきからの 名にや残らむ

人をおもふ 心はわれに あらねばや
 身のまどふだに 知られざるらむ

などいへるは、たゞおなじ言葉なれど、おびたゝしく[大げさなように]聞こゆ。これはみな、続けがらなり。

 されば、
「古歌にたしかに、しか/”\あり」
など過去を引用して証(あかし)を出だす[証拠とする]ことは、新しく歌われた歌の様(やう)によるべし。その新しく歌われた歌にとりて、改めて善悪あるべきゆゑなり。

 曾祢好忠(そねのよしただ)[西暦1000年過ぎ頃亡くなったとされる、10世紀を活躍した歌人]が歌に、

播磨(はりま)なる 飾磨(しかま)に染むる あながちに
  人を恋しと 思ふころかな

[播磨の飾磨で染められた「かち」、その紺の濃い染め物ほどにという訳ではないけれど、「あながちに」つまりは「強く一途に」あの人を恋しいと思うこの頃だなあ]

「あながちに」といふ言葉は、うちまかせては[普通には]歌に詠むべしとも覚えぬことぞかし。しかあれど、「飾磨に染むる」と続きて、わざとも[特に]艶にやさしく聞こゆるなり。

 古今和歌集の歌に、

春がすみ 立てるやいづこ み吉野の
  吉野の山に 雪は降りつゝ

[春がすみがすでに掛かっているのは
いったいどこなのでしょうか。このみ吉野の
吉野の山にはいまだ雪は降り続いているものを]

 これは、いとめでたき歌なり。なかにも「立てるやいづこ」といへる言葉、すぐれて優なるを、ある人の「社頭の菊」[神社の社近くの菊くらいの意味]といふ題を詠みはべりしに、

神垣(かみがき)に 立てるや菊の 枝たわに
  誰(た)がたむけたる 花のしらゆふ

[神垣に立っているなあ、白菊の枝もたわむように
いったい誰が神に手向けたのだろうか、
この花を、白木布(しらゆふ)の幣(ぬさ)として]

おなじく「立てるや」と詠みたれど、これはわざとも言葉きかず、手づつ[下手]にはべり。

三 海路を隔つる恋の事

 あるところにて、歌合しはべりし時、「海路を隔(へだ)つる恋」といふ題に −歌は忘れたり− 筑紫(つくし)[九州地方]なる人の恋しきよしを詠めりしに、かたへ[歌合で反対側の陣営の人、今日なら敵方とでも言うか]はこれを難ず。

「さらなり[言うまでもないが]。筑紫は海を隔てたれば、思ひ続くるには、さること[そのようなこと、つまり歌に述べられたようなこと]なれど、徒歩(かち)より行く人のためには、門司(もじ)の関[門司は福岡県北九州市のあたり。この部分、門司の関まで山野を歩いてから海を渡ると解くのは読解力が足りない。「門司の関までたどり着くのに」の意味である]まで、多くの山野を過ぎて、たゞいさゝか海を渡るべければ、題の本意[仮名なら「ほい」と記して「ほんい」と読む。その題の根本的な意義]もなく、すこぶる広量(くわうりやう)[この場合、広すぎる、曖昧に過ぎるの意味]なる方(かた)もあり。
 たとへば、陸奥(みち)の国[=みちのく、東北地方]なる人を、恋ふるよしを読みては、この歌ひとつにて、野を隔つる恋にも、山を隔つる題にも、もしは里を隔て、河を隔つるにも、もちゐむとやする。題の歌は、さもと聞こゆるこそよけれ、あまり座広[漠然としていて、とりとめもないこと]なり」

と難(なん)ず。あるは反対側、味方側の人はいはく、

「歌はさのみこそ詠め。まさしく海をだに隔てば。かならずかの磯なる人を、この浦(うら)にて見わたすべきことかは、あまりの難なり」

[仮に訳せば、
「歌はそのようにこそ読むものだ。まさしく海さえ隔てていれば良いではないか。かならず向こう側の磯にいる人を、こちらの浦から見わたすように、(水ぎわに海を隔てたような関係をこそ、)詠まなければならないというのか。あまりに理屈めいた非難である」
といった意味になるか。鴨長明は最小限度の表現で(故意に、作為的に)切り抜ける執筆を志す傾向があるので、このあたりの読解は難解なところがある]

と争ひあへりしを、その座に先達(せんだち・せんだつ)[先輩、先学の人。ここでは熟練者、識者くらいの意味]あまたはべりしも、方々両方の陣営に分かれて、おほきなる論にてなむはべりし。されど、心にくき[奥ゆかしくて優れた]人、おほくは難をば、
「今少し言はれたり」
[このひと言、きわめて不明瞭なり。保留。いま少し言ったものであるか、「いま」を抜いて「少しは言ったものである」で、「少し勝るように思われる」くらいの意味であるものに、「いま」が付いたもの、すなはち「いまこそ、少しは言ったものだ」という難への同調か?]
とぞ定めはべりし。

四 小因幡(こいなば)の歌の事

 また、おなじところにて、小因幡(こいなば)[12世紀の女性歌人。藤原清隆の妻か]といひし女房、夏をちぎる恋といふ題に、

惜しむべき 春をば人に いとはせて
  そら頼めにや ならむとすらむ

[惜しまなければならないような春
それさえも人に厭わせておいて
(つまりは夏が来れば会えるという恋の
まるで夏の空を待ちわびるような)
当てにならないような空だのみにこそ
なろうとしています。わたしの恋は……]

と詠めりしを、「よろし」など、人々定めはべりしほどに、ある人のいはく、

「『春をば人に』といへるや、少しおぼつかなからむ。ただ『春をば我に』といひたらば、たしかにて勝(まさ)りなむかし」

といふ。
 これに同ずる人、おほくはべりしを、俊恵[源俊頼の子、東大寺の僧にして、白河にあった住居を歌林苑と称して、歌人の集会所とした。鴨長明の師にして、『無名抄』の主要な登場人物でもある]聞きて、

「むげに[まったく、ひどく]心劣りせらるゝことを、のたまふかな。『人に』といひたりとて、他人とやは思ひたどるべき。『我に』といひては、うたて[ますますひどく、といった意味だが、あるいは「歌〜」の誤写か?]ことのほかに品(しな)なく聞こゆるものを。歌は華麗を先とす。人をば知らず、おのれは、たとひ難ありとも、『人に』と詠まむ」

とぞ、申しはべりし。

晴の歌、人に見せ合はすべきこと

 晴の歌は、かならず人に見せあはすべきなり。わが心ひとつにては、誤りあるべし。予[仮に「われ」詠みで統一する]、そのかみ[=その昔]、高松の女院(にようゐん・によゐん)[[女+朱]子内親王(しゅしないしんのう)(1141-1176)鴨長明の幼年の庇護者であったとされ、幼くして従五位下を給わったのは彼女の取りなしによるとされている]の北面(きたおもて)[院の私的な警護者、実際は各種芸能人などを含む北面の武士、と同様]に、菊合[菊の花、あるいはそれをあしらったものなどを持ち寄り、二手に分かれてその優劣を競い合うもの。この場合、和歌を添えて競い合ったため和歌の披露となるが、単にこの部分を「歌合」の誤りであるとする説もある]といふことはべりし時、恋の歌に、

人知れぬ なみだの川の 瀬をはやみ
  くづれにけりな ひと目つゝみは

[人に知られないように隠してきた恋の苦しさは、
なみだの川となって早瀬のように流れ落ち、
ついには決壊してしまったことである、
ひと目を隠していたはずの、その包みは]

[後半、ちょっと露骨に訳してみたが、
意味が勝ちすぎて嫌みのある歌である
秀歌とは呼びがたい]

と詠めりしを、いまだ晴の歌など、詠み慣れぬほどにて、勝命(しようみやう)入道[俗名は藤原親重、1112年生まれ。鴨長明の父親、鴨長継の知人であり、鴨長明の和歌の師のひとりであったと考えられる。西行とも知り合いである]に見せあはせはべりしかば、

「この歌、おほきなる難あり。みかど・きさきの隠れたまふ[亡くなる]をば、『崩(ほう)ず』といふ。その文字をば、『崩(くづ)る』と読むなり。いかでか[どうして〜することがあるだろうか]、院中にて読まむ歌に、この言葉をば据(す)うべき」

と申しはべりしかば、あらぬ[違った、別の]歌を出だしてやみにき。

 その後ほどなく、女院隠れおはしましにき。この歌のさとし[前兆、神のお告げ]とぞ、沙汰せられはべらまし。[「まし」は反実仮想で、つまりは、「もしこの歌を詠んでしまっていたならば、この歌が前兆であったと、言われてしまったに違いないよ」という意味]

六 名無しの大将のこと

 九条殿[藤原兼実(ふじわらのかねざね)(1149-1207)、摂政・関白藤原忠通の六男として、摂政・関白・太政大臣などを勤める。長期に書きづづった『玉葉』という日記は、当時の歴史を知る上できわめて重要な資料となっている。やはり重要な歴史書である『愚管抄(ぐかんしょう)』を記した天台宗の慈円(じえん)は、彼の同母弟にあたる。武士の台頭や後白河の政治といった新しい潮流に対して、保守派の牙城のような反発を極めた男でもある。また源頼朝との協調により、朝廷の安定を模索すると共に、自らの立場を全うしようとした人物でもある。彼もまた12世紀の生みなしたユニークな巨怪の一人か]、いまだ右大臣と申しゝ時、人々に百首歌[治承二年右大臣家百首と呼ばれるもの。源頼政、俊恵法師、寂連法師、藤原俊成など、『無名抄』における重要な登場人物たちの会した歌合であある]、詠ませらるゝことはべりき。そのたび、いみじき[大層立派な]人々僻事(ひがこと)[道理とは違ったこと、間違ったこと]読みて、はてには異名(いみやう)さへ付きたまひにき。近くの徳大寺(とくだいじ)の左大臣[徳大寺は家の持仏寺の名称であり、そこから特大寺家の左大臣の意味。藤原実定(ふじわらのさねさだ)(1139-1192)のこと。藤原兼実の片腕として、源頼朝の信頼を得ていた人物。歌人としても優れていた]は、無明(むみやう)の酒[煩悩を酒に例えた仏教用語]を「名もなき酒」と詠みたまへりしかば、「名無しの大将」といはれ、五条の三位入道[藤原俊成(ふじわらのとしなり)(1114-1204)。『千載和歌集』の編者にして、有名な歌論書『古来風躰抄』などを記した、和歌界の大御所。藤原定家の父親でもある]は……この和歌の道の長者にています……
 しかれど、富士の鳴沢[万葉集に詠まれ、富士山西部にあるとされるが、場所は確定せず。現在は山梨県に鳴沢の地名がある。当時詠まれた場所かは不明]を、「富士のなるさ」と詠みて、「なるさの入道」。

「名無しの大将」と番(つが)ひて[一対にしての意味で、歌合のひと組の様に言ったもの]、人に笑はれたまひしかば、いみじき[程度のはなはだしい意味、大変な]この道の遺恨(ゐこん)にてなむはべりし。

 おの/\、これほどのよく知られたこと、知りたまはぬにはあらじ。思ひわたり[思いを継続する、ずっと思い続けるくらいの意味だが、「考えすぎ」くらいの常套句かも知れず]たまへりけるにこそ。

七 源仲綱、いやしき言葉を読むこと

 おなじたびの百首に、伊豆守(いづのかみ)仲綱(なかつな)[源仲綱(1126-1180)。源頼政(みなもとのよりまさ)の息子。平家に反旗をひるがえした、父親と共に立ち上がるが、共に自害。平家物語には『木の下(このした)』という名馬を平宗盛(たいらのむねもり)に強引に奪われ、しかも馬の名称を仲綱と呼ばれたことが、挙兵にいたるきっかけにされている。史実はともかく、それとは関わりの薄いかと思われるこの『無名抄』にやはり愚鈍に描かれているのは、あるいは当人の性質を共に射貫いたものかとも思われる]の歌に、「ならはしがほ」などこなれないような言葉を詠みたりしをば、大弐(だいに)入道[藤原重家(しげいえ)(1128-1181)。藤原顕輔(あきすけ)の子であり、清輔(きよすけ)、季経(すえつね)の兄弟。いずれも歌人としても知られる。承安元年(1171年)に大宰大弐となり、大弐入道と呼ばれる。法名を蓮寂(れんじゃく)という]聞きて、

「かやうのこなれない言葉など詠まむ人をば、百千[あるいは読みは「ももち」の方がよいか]の秀歌詠みたりとも、いかがして歌詠みとはいはむ。むげにたてきことなり[全くもって嫌である、ということさ]

とこそ申されけれ。

 これらはみな、人に見せあはせぬことから起こった誤りなり。

[この「ならはしがほ」の歌、「おなじたびの百首」ではく別の機会であるが、
  さびしさは かねて降りにし やまざとに
    ならはしがほの 今朝の初雪
として読まれたものに該当するらしい。この時の勝負は負けである]

八 源頼政の歌、俊恵撰ぶこと

 健春門院[平滋子(たいらのしげこ)(1142-1176)は、後白河法皇の后であり、高倉天皇の母親にあたる。平清盛の妻平時子(たいらのときこ)の異母妹にあたる]の殿上(てんじやう)の歌合(うたあわせ)に、「関路落葉(せきぢおちば)」といふ題に、頼政卿(よりまさきやう)[源頼政(みなもとのよりまさ)(1104-1180)清和源氏の武士。保元の乱、平治の乱の勝者にくみし、その後平清盛の政治運営に協力しつつ活躍。和歌に優れ、従三位に叙せられたため源三位(げんざんみ)と呼ばれた。しかし以仁王(もちひとおう)のもとに平氏に反旗をひるがえし、そのため討ち果たされた]

みやこには まだ青葉にて 見しかども
  もみぢ散り敷く 白河の関

と詠まれてはべりしを、そのたび[その時、それに際して]、この題の歌を事前にあまた詠みて、当日までどれを歌合に詠むべきか思ひわづらひて、俊恵(しゆんゑ)を呼びて見せられければ、俊恵曰く、

「この歌は、かの能因(のういん)[法名であり、俗名は橘永ト(たちばなのながやす)(988-11世紀中頃)、歌人として知られ中古三十六歌仙の一人。小倉百人一首69番
  『あらし吹く み室の山の もみぢ葉は
   竜田の川の 錦なりけり』
の作者]
が、

みやこをば 霞とゝもに 立ちしかど
  秋風ぞ吹く 白河の関』

といふ歌に似てはべり。
 されどこれは、出で栄え(いでばえ)[披露するに栄えること、見栄えの良いこと]すべき歌なり。かの歌ならねど、かくもとりなしてむと、べしげ[あるいは「へしげ」意味共に不明瞭]に詠めるとこそ見えたれ。似たりとて、難とすべきさまにはあらず」

俊恵のはからひければ、いま車[牛車などの乗り物を指す]さし寄せて乗られける時、頼政卿、

「貴房(きばう)のはからひを信じて、さらばこれを出だすべきにこそ。後の咎(とが)をば、かけ申すべし[非難があったら、責任を取って貰うよの意味]

と言ひかけて、出でられにけり。

 そのたび、この歌、思ひのごとく出で栄えして歌合に勝ちにければ、頼政卿自らの家に帰りて、すなはちよろこびを俊恵のもとに言ひつかはしたりけるとぞ。

「見るところありて、しか申したりしかど、勝負聞かざりしほどは、あひなく[人ごとながら]よそにて、胸つぶれはべりしに、いみじき高名(かうみやう)[大変立派な名声]したり。となむ、心ばかりは覚えはべりし」

とぞ、俊恵語りはべりし。

九 鳰(にほ)の浮巣のこと

 同じたび、「水鳥近く馴る」といふ題に、同じ人[つまり前の説話の源頼政]

子をおもふ 鳰(にほ)のうき巣の ゆられきて
  捨てじとすれや 水隠(みがく)れもせぬ

[子を思う鳰鳥であるから
子育てのさなかの浮巣が揺られ漂って
(例えば誰かに取られようとしても)
子を捨てたくない一心であろうことか
水の中にさえ隠れようともしないでいる]

 この歌、「めづらし」とて勝ちにき。祐盛法師[祐盛(ゆうせい/ゆうじょう)法師は源俊頼の息子で、俊恵の弟にあたる。ただし俊恵の秀歌撰に批判を加えるなど、歌人としては兄とライバル関係にもあったようだ]、これを見て、大きに難じていはく、

「鳰(にほ)の浮巣のやうを、え知られぬにこそ。かの浮巣は、揺られ歩(あり)くべきものにあらず。海の潮は、満ち干(ひ)るものなれば、それを知りて、鳰の巣をくふ[構ふ(くふ)は、鳥が巣を作ること]には、葦(あし)の茎を中にこめて、しかも彼(かれ)[=それ]をばくつろげて[ゆるく広げて]、巡りにくひたれば、潮満てば上(かみ)へあがり、潮干(ひ)れば従ひて下(くだ)るなり。ひとへに揺られ歩かむには、人にも取られぬべし。されどその座に、知れる人のなかりけるにこそ、勝(かち)に定められにければ、今さら言ふかひなし」

とぞ、申し侍りし。

[上層へ] [Topへ]