『大和物語』百三十一段~百四十段

(朗読ファイル) [Topへ]

大和物語 百三十一段~百四十段

百三十一段

 醍醐天皇の時代、4月1日に、ウグイスが鳴かないことを詠むように言われた源公忠(みなもとのきんただ)(889-948)が、

春はたゞ 昨日ばかりを
  うぐひすの かぎれるごとも
    鳴かぬ今日かな
          源公忠 (公忠集)

百三十二段

 同じく醍醐天皇の時、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)(859?-925?)が召されて、「半月の月を弓張と呼ぶのはどうしてか。和歌で答えてみよ」と言われて、

照る月を
  弓はりとしも 言ふことは
    山べをさして 入ればなりけり
          凡河内躬恒

 さらに、褒美に着物を貰って、その着物のことを、

白雲の
  このかたにしも おりゐるは
 天つ風こそ 吹きてきつらし
          凡河内躬恒

百三十三段

 おなじく醍醐天皇が、月が美しいので、密かに妻たちの住むあたりを、散歩なさったとき、源公忠がお供をしていた。ある部屋から、女性が出てきて、髪を振り乱して泣き乱れるので、理由を尋ねると答えもせずに泣いている。天皇が不思議に思っていると、源公忠が、

思ふらむ
   こゝろのうちは 知らねども
 泣くを見るこそ 悲しかりけれ
          源公忠

と詠んだので、天皇もしみじみと良い歌だと褒めたそうである。

百三十四段

 醍醐天皇が、きれいな感じの少女を、誰にも知られず密かに召して、

あかでのみ 経(ふ)ればなるべし
   あはぬ夜も あふ夜も人を
  あはれとぞ思ふ
          醍醐天皇

と詠んで差し上げれば、少女も感じ入って、我慢できないで、友達に話してしまったところ、少女の主である天皇の妻が憎んで、追い出してしまったという。ひどい話である。

百三十五段

 藤原定方(さねかた)の娘が、堤の中納言こと藤原兼輔(かねすけ)と逢い始めた頃、男は宮中の仕事があったし、女もためらいの心があったが、あるとき女が、

焚きものゝ
  くゆる心は ありしかど
 ひとりはたえて 寝られざりけり
          藤原定方の娘 (新拾遺集)

と男を求める和歌を贈った。兼輔は和歌の巧みであるので、返歌の出来が期待されるけれど、それは残念ながら分らない。

百三十六段

 (前段に続いて)また男が、「忙しくて行けませんが、あなたがどう思っているか心配です」と伝えれば女。

さわぐなる
  うちにも物は 思ふなり
 我がつれ/”\を なにゝたとへむ
          藤原定方の娘

百三十七段

 志賀の山越えの道にある「いはえ」という所に、元良親王[陽成天皇第一皇子]が、素敵な別荘を建てて時々いらした。こっそりやってきて、志賀寺に詣でる婦人たちを眺めていることもあった。

 景色もすばらしく、家も立派だったので、藤原千兼の妻としこが、志賀寺に詣でるついでに、立ち寄って、景観と別荘を眺めて感じ入り、和歌を書き記した。

かりにのみ
   来る君待つと ふりいでつゝ
 鳴くしが山は 秋ぞかなしき
          としこ (新勅撰集)

百三十八段

 「こやくしくそ」と呼ばれる男が、女に言い寄って、

かくれ沼(ぬ)の
   底のした草 み隠れて
 知られぬ恋は くるしかりけり
          (新千載集 枇杷左大臣の和歌として)

すると女の返し、

み隠れに
  隠るばかりの した草は
    長からじとも 思ほゆるかな
          (新千載集)

 この「こやくし」という人は、身長がとても低かったという。

百三十九段

 醍醐天皇の時、妻のひとりが住む部屋に、中納言の君と呼ばれる人がお仕えしていた。元良親王がまだ若く、恋に生きていた頃、彼女の元に通い始めて、時々ひと夜を明かしていたが、その後来なくなってしまったので、女が、

人をとく
   あくた川てふ 津の国の
 なにはたがはぬ 君にぞありける
          中納言の君 (拾遺集)

 こうして、食事も咽を通らず、泣きながら病気のように恋い慕っていたが、あるとき松に雪が降り積もっているのを折って、

来ぬ人を
  まつの葉に降る しら雪の
    消えこそかへれ あはぬ思ひに
          中納言の君 (後撰集)

と詠んで、「この雪を落とさないで」と使いに言って、松の枝と和歌とを元良親王に贈ったという。

百四十段

 元良親王が、源昇(みなもとののぼる)の娘のもとに通っていた頃。いつもの寝床ではなく、廂の間に仮の寝床を設けて、そこで一夜を共にして帰られた後、しばらく訪れないで、「あの廂の間に敷いた寝床は、そのままありますか。それとも片づけてしまいましたか」と尋ねてきたので、その返事に、

敷きかへず
   ありしながらに 草枕
 塵(ちり)のみぞゐる はらふ人なみ
          源昇の娘

すると返歌に、

草枕
  塵はらひには からころも
    たもとゆたかに 裁つを待てかし
          元良親王

とあったので、また女から、

からころも
  裁つを待つ間の ほどこそは
    我がしきたへの 塵もつもらめ
          源昇の娘

と返されたので、元良親王は女の元にやって来きたのだった。

 また別の時に、「宇治に狩りをしに行く」という親王への返事として、

み狩する
  栗駒山(くりこまやま)の 鹿よりも
 ひとり寝(ぬ)る身ぞ わびしかりける
          源昇の娘

2018/02/02

[上層へ] [Topへ]