『大和物語』百十一段~百二十段

(朗読ファイル) [Topへ]

大和物語 百十一段~百二十段

百十一段

 橘公平(たちばなのきんひら)の娘たちのうち、三女にあたる人は、源信明(みなもとのさねあきら)が最初ての男だったが、通ってこなくなった時に詠んだ和歌。

この世には
  かくてもやみぬ わかれ路の
    淵瀬をたれに 問ひてわたらむ
          橘公平の三女

百十二段

 おなじ橘公平の三女が、兵衛尉という役職にあった「もろただ」という男に贈った和歌。風が吹いて、雨が降る日だったので。

こち風は
   今日ひぐらしに 吹くめれど
 雨もよにはた よにもあらじな
          橘公平の三女

百十三段

 前段の「兵衛尉もろただ」が、その橘公平の三女と疎遠になってから、祭の舞人として参加するのに、橘公平の娘達は見学にいった。そうして帰ってから、三女が「もろただ」に和歌を贈るには。

むかし着て
  なれしをすれる ころも手を
    あなめづらしと よそに見しかな
          橘公平の三女

 別の時「兵衛尉もろただ」は、山吹につけて和歌をやる。

もろともに
  井出の里こそ 恋しけれ
    ひとりをり憂き 山吹の花
          兵衛尉もろただ

 これの返しは知らないが、別の和歌として、まだ男が通っていた頃に三女が贈った和歌として。

大空も
  たゞならぬかな 神無月
    われのみ下に しぐると思へば
          橘公平の三女

 これもおなじ三女の和歌。

あふことの
  なみの下草 み隠れて
    しづこゝろなく ねこそなかるれ
          橘公平の三女 (新古今集)

百十四段

 桂の皇女(かつらのみこ)と呼ばれた孚子内親王(ふしないしんのう)[宇多天皇の娘]が、七夕の頃、人目を忍んで男と会って、その男に贈るには、

袖をしも 貸さゞりしかど
  七夕の あかぬわかれに
    ひちにけるかな
          孚子内親王

百十五段

 藤原師輔(ふじわらのもろすけ)が、蔵人頭(くろうどのとう)であった時、小弐命婦(しょうにのみょうぶ)のもとに贈った和歌。

秋の夜を
  待てと頼めし 言の葉に
    今もかゝれる 露のはかなさ
         藤原師輔 (続後撰集)

女の返歌は、

秋もこず
   露もおかねど 言の葉は
 我がためにこそ 色かはりけれ

百十六段

 橘公平(たちばなのきんひら)の娘[おそらく前に出た三女]が死ぬときに、

長けくも 頼みけるかな
  世の中を 袖になみだの
    かゝる身をもて

百十七段

 桂の皇女こと孚子内親王(ふしないしんのう)が、源嘉種(みなもとのよしたね)に、

露しげみ
   草のたもとを まくらにて
 君まつ虫の ねをのみぞなく
          孚子内親王 (新勅撰集)

百十八段

 「閑院のおおいきみ」と呼ばれる、源宗于(みなもとのむねゆき)の娘が、

むかしより
  思ふこゝろは ありそ海(み)の
    浜のまさごは 数も知られず
          源宗于の娘 (続古今集)

百十九段

 おなじ源宗于(みなもとのむねゆき)の娘に、今は亡くなった藤原真興(ふじわらのさねき)が、重い病気が快方に向かった頃、逢いたいと言って詠んだ和歌。

からくして
   惜しみとめたる いのちもて
  逢ふことをさへ やまむとやする
          藤原真興 (信明集)

女の返し、

もろともに
   いざとは言はで 死出の山
  などかはひとり 越えむとはせし
          源宗于の娘 (後撰集)

 しかし、男が出向いた夜も、逢えない事情があったのか、女とは逢えず、帰った翌朝に男から、

あかつきは
  鳴くゆふつけの わび声に
    おとらぬ音(ね)をぞ なきてかへりし
          藤原真興 (信明集)

女の返し、

あかつきの
  寝覚めの耳に 聞きしかど
    鳥よりほかの 声はせざりき
          源宗于の娘 (信明集 伊勢集)

[源信明の和歌集に入っているのは、真興の名前が似ているので間違われたものと思われる。]

百二十段

 太政大臣である藤原忠平(ふじわらのただひら)(880-949)は、大臣になってから随分経つのに、枇杷(びわ)の大臣と呼ばれる藤原仲平(なかひら)(875-945)[二人とも藤原基経の同母息子]は、なかなか大臣になれないでいて、ついに為られた祝賀に、藤原忠平は梅を髪に挿して、

遅くとく
  つひに咲きける 梅の花
    たが植ゑおきし 種にかあるらむ
          藤原忠平 (新古今集)

と詠んだ。
 その日の様子を、和歌と共に手紙に記して、斎宮である柔子内親王(じゅうしないしんのう)[宇多天皇の皇女]に差し上げる時に、藤原定方(さだかた)の娘である能子が、これに和歌を加えて、

いかでかく
  年きりもせぬ 種もがな
    荒れゆく庭の 影と頼まむ
          能子 (後撰集)

 このように願った甲斐があって、藤原実頼(さねより)(900-970)[上の藤原忠平の長男]が通ってくるようになったので、能子は子宝に恵まれ、一族が繁栄することとなった。そんな時、斎宮から、

花ざかり
  春は見に来む 年きりも
    せずという種は 生ひぬとか聞く
          柔子内親王 (後撰集)

2018/01/27

[上層へ] [Topへ]