『大和物語』百一段~百十段

(朗読ファイル) [Topへ]

大和物語 百一段~百十段

百一段

 おなじ藤原季縄(すえなわ)の少将が、病に伏せって、少し良くなって、参内したときに、源公忠(みなもとのきんただ)(889-948)にあって、「まだ体調が悪いので今日は帰りますが、あさって頃また参りましょう」と言ったが、その後手紙で、

くやしくぞ
  のちにあはむと 契りける
    今日をかぎりと 言はましものを
          藤原季縄 (新古今集)

とだけ書いてきた。病が重くなったのだと知って、ついにはみずから、季縄の元へ向かうと、屋敷内は騒がしく門は閉ざされていた。死んでしまったのだった。哀しく帰って、後に天皇に伝えれば、天皇もまたしみじみとされたという。

百二段

 土佐の守であった、酒井人真(さかいのひとざね)という人が、病気で弱って鳥羽にある家に行くときに、

ゆく人は
  そのかみ来むと いふものを
 こゝろ細しや 今日の別れは
          酒井人真

百三段

 平中(へいちゅう)こと平定文(たいらのさだふん)(?-923)が、恋を求める男であった盛りに、都の市に出向いた。そこに、宇多天皇の皇后温子に仕える婦人達がいたので、さっそくそのひとりに、文を書いて言い寄った。

もゝしきの
   たもとの数は 見しかども
 わきて思ひの 色ぞ恋しき
          平定文 (続後撰集)

 相手の女性は、武蔵の守の娘で、男が言い寄っても、身持ちの堅い女性であったが、ついに平定文とは、一夜を共にした。すると平定文は、次の朝になっても、夜になっても音沙汰が無く、翌日こそはと思っても連絡も無く、五、六日が過ぎてしまったので、女の方は捨てられたと思って泣き暮れて、ついには尼になってしまった。

 平定文の方は、上司に呼ばれたり、帝のお供をするなかに、酒などを飲んで日を過ごし、ようやく女の元へ手紙をやろうとしたのだったが、彼女の家の次女から、尼になった女の手紙を渡され、そこには、

あまの川
   空なるものと 聞きしかど
 わが目のまへの なみだなりけり

と記されていた。

 尼になってしまったことを知って、泣きながら返事をするには、

世をわぶる
   なみだ流れて はやくとも
  あまの川には さやはなるべき
          平定文

 みずから出向いて、せめて逢おうとしたけれど、逢うことすら叶わなかった。

百四段

 藤原滋幹(しげもと)の少将に女が、

恋しさに
   死ぬるいのちを 思ひいでゝ
 問ふ人あらば なしとこたへよ
          (新古今集)

 少将の返しに、

からにだに
   われ来たりてへ 露の身の
  消えばともにと 契りおきてき
          藤原滋幹

百五段

 平中興(たいらのなかき)の娘が、霊に取り憑かれて、浄蔵(じょうぞう)という高僧に加持祈祷をして貰ううち、恋仲となった。しかし、うわさが立ってしまい、浄蔵は修行のため、鞍馬(くらま)寺に引きこもった。けれども女が忘れられないでいると、彼女からの手紙を見つけた。そこには、

すみぞめの
  鞍馬の山に 入(い)る人は
    たどる/”\も かへり来なゝむ
          平中興の娘 (後撰集)

と記されていたので、我慢できなくなって女のところに出向いてしまう。ふたたび寺に戻ってから、女の元に、

からくして
   思ひわするゝ 恋しさを
 うたて鳴きつる うぐひすの声
          浄蔵

女の返し、

さても君
   わすれけりしか うぐひすの
 鳴くをりのみや 思ひいづべき
          平中興の娘

また、別の時には浄蔵は、

わがために
  つらき人をば おきながら
    なにの罪なき 世をや恨みむ
          浄蔵 (詞花集)

とも詠んだ。女は親から大切に育てられ、貴族達が言い寄っても、帝の妻にするつもりで、会わせないほどだったが、このことがあって、見捨てられてしまったとか。

百六段

 今は亡き元良親王が、この平中興(たいらのなかき)の娘が、まだこのような事件を起こす前、求婚して、

荻の葉の
   そよぐごとにぞ 恨みつる
  風にうつりて つらきこゝろを
          元良親王

と詠んだ。また、

あさくこそ ひとは見るらめ
   関川の 絶ゆる心は
  あらじとぞ思ふ
          元良親王 (新勅撰集)

とも詠めば、女の返し、

関川の
  岩間をくゞる みづ浅み
    絶えぬべくのみ 見ゆる心を
          平中興の娘 (新勅撰集)

 このように言い寄っても、女が逢ってくれないので、月の明るい夜、親王がまた出向いて、

夜な/\に
  いづと見しかど はかなくて
    入りにし月と いひてやみなむ
          元良親王

と詠んだ。しかし、あるとき親王が扇を落としたのを眺めると、自分の知らない女の手で、

忘らるゝ
  身はわれからの あやまちに
    なしてだにこそ 君を恨みね

と書いてあったので、平中興の娘は、その横に、

ゆゝしくも おもほゆるかな
   人ごとに うとまれにける
  世にこそありけれ
          平中興の娘

と書いて親王に送ったという。また別の時には、

忘らるゝ
   ときはの山の 音をぞなく
  秋野の虫の 声にみだれて
          平中興の娘

すると元良親王の返し、

なくなれど
   おぼつかなくぞ おもほゆる
  声聞くことの 今はなければ
          元良親王

またおなじ親王が、

雲居にて よをふるころは
  さみだれの あめのしたにぞ
    生けるかひなき
          元良親王

と詠めば、女の返事、

ふればこそ
  声も雲居に 聞えけめ
    いとゞはるけき こゝちのみして
          平中興の娘

百七段

 おなじ元良親王に、別の女が贈った和歌。

あふことの
  願ふばかりに なりぬれば
    たゞにかへしゝ 時ぞ恋しき

百八段

 源宗于(みなもとのむねゆき)の娘のもとに、藤原師尹(ふじわらのもろただ)が通っていたが、いつしか来なくなってしまったので、娘が常夏(とこなつ)[=撫子・なでしこ]の枯れたことに掛けて、詠んだ和歌。

かりそめに
  君がふし見し 常夏の
    ねもかれにしを いかで咲きけむ
          源宗于の娘

百九段

 おなじ源宗于の娘が、源巨城(みなもとのおおおき)[=源宗城(みなもとのむねざね)]から以前借りた牛を借りようとしたら、「お貸ししたあの牛は死にました」と言われたので、その返事に、

わが乗りし
  ことをうしとや 消えにけむ
    草にかゝれる 露のいのちは
          源宗于の娘 (後撰集)

百十段

 おなじ源宗于の娘が、ある人に、

大空は
  曇らずながら かんな月
    年のふるにも 袖はぬれけり
          源宗于の娘

2018/01/26

[上層へ] [Topへ]