『大和物語』八十一段~九十段

(朗読ファイル) [Topへ]

大和物語 八十一段~九十段

八十一

 季縄の少将(藤原季縄・すえなわ)の娘である右近(うこん)[百人一首「忘らるる身をば思はず」の歌人]が、今は亡き藤原穏子(おんし)[醍醐天皇の妻。923年に中宮]の宮に仕えていた頃、藤原敦忠(あつただ)が右近のもとに通っていた。約束などを交わす中だったのに、右近が里に戻ってしまうと、途絶えてしまったので、

忘れじと
   たのめし人は ありと聞く
 いひしことの葉 いづちいにけむ
          右近  (後撰集)

八十二

 その右近の元に、敦忠が返事もせずに、ただ雉を送ってきたので、右近がその返答に、

栗駒(くりこま)の
  山に朝たつ 雉よりも
 かりにはあはじと 思ひしものを
          右近

八十三

 その右近が、宮中に仕えて住んでいた時に、しのんで通ってくる人があった。その人は蔵人頭(くろうどのとう)[天皇の秘書的役割。ここでは藤原敦忠か藤原師輔を指すか]だったので、常に殿上(てんじょう)に出仕していた。

 そんなある、雨の降る夜。右近の住むあたりに、通り寄った時、それとも知らず右近が、敷物を裏返そうとして、

おもふ人
  雨と降りくる ものならば
 わがもる床は かへさゞらまし
          右近

と詠んだのを聞いてしまったので、彼女のところに立ち寄ることにした。

八十四

 また右近が、「忘れないよ」と、あらゆることを誓った男が、結局自分を忘れてしまった時に送った和歌。

忘らるゝ 身をば思はず
  ちかひてし 人のいのちの
    惜しくもあるかな
          右近 (拾遺集)(小倉百人一首)

八十五

 右近が、「桃園の宰相[藤原師氏(913-70)]が右近のもとに通っている」とうわさが立った時、事実ではなかったので、その宰相に詠んで贈った和歌。

よし思へ
  海女(あま)のひろはぬ うつせ貝
 むなしき名をば 立つべしや君
          右近

八十六

 正月のはじめに、大納言[=藤原顕忠(あきただ)]の屋敷に平兼盛(たいらのかねもり)が参上した時に、話のさなかに何気なく、「和歌を詠んで」と言われたので、

今日よりは
  荻のやけ原 かき分けて
    若菜摘みにと 誰(たれ)をさそはむ
          平兼盛 (後撰集)

と詠むと、大納言は感心して、

かた岡に わらびもえずは
  たづねつゝ こゝろやりにや
    若菜つまゝし
          藤原顕忠

と返答した。

八十七

 但馬国(たじまのくに)に出向いていた役人が、その国に女を残して、都にのぼってしまったので、女が、

山里に
  われをとゞめて わかれ路の
    ゆきのまに/\ 深くなるらむ

と詠んだのに、男の返し、

山里に
  かよふこゝろも 絶えぬべし
    ゆくもとまるも こゝろぼそさに

八十八

 そのおなじ男が、紀国(きのくに)に下る時に、寒いので着物を取りに、使いを遣ったので、女が、

紀の国の
   むろのこほりに ゆく人は
 風の寒さも 思ひ知られじ

 男の返し、

紀の国の
   むろのこほりに ゆきながら
 君とふすまの なきぞわびしき

八十九

 修理の君(すりのきみ)と呼ばれる女の元に、右馬頭(うまのかみ)という役職の男が通っていたとき、「そちらの方角に向かってはならない日なので、行くことが出来ません」と行ってきたので、女が、

これならぬ
   ことをもおほく たがふれば
 恨みむかたも なきぞわびしき
          修理の君

 このようにして、右馬頭が通わなくなってしまった頃、女が、

いかでなほ
   網代(あじろ)の氷魚(ひを)に ことゝはむ
 なにゝよりてか われをとはぬと
          修理の君 (拾遺集)

 まだ通っていた頃に、朝早くの別れ際に、女が詠んだ和歌。

あけぬとて
  急ぎもぞする 逢坂の
    きり立ちぬとも 人に聞かすな

 一方、男の方が、通い出した頃詠んだ和歌。

いかにして
   われは消えなむ しら露の
 かへりてのちの
    ものは思はじ
          右馬頭

女の返し、

垣(かき)ほなる
  君が朝顔 見てしかな
    かへりてのちは ものや思ふと
          修理の君

 女と結ばれて、帰った後に男が、

こゝろをし
  君にとゞめて 来にしかば
    もの思ふことは われにやあるらむ
          右馬頭

 修理の君の返し、

たましひは
   をかしきことも なかりけり
 よろづのものは からにぞありける
          修理の君

九十

 おなじ修理の君に、今は亡き兵部卿の宮[藤原定方・さだかた]が手紙などをしていた時、「あなたのところに行きましょう」と言うので、修理の君がそれに答えた和歌。

たかくとも なにゝかはせむ
  くれ竹の ひと夜ふた夜の
    あだのふしをば
          修理の君 (新勅撰集)

2017/12/15

[上層へ] [Topへ]