『大和物語』七十一段~八十段

(朗読ファイル) [Topへ]

大和物語 七十一段~八十段

七十一

 式部卿の宮こと敦慶親王(あつよししんのう)が亡くなったのは、旧暦二月の終わり、桜のさかりであったので、堤の中納言(藤原兼輔・かねすけ)が詠むには、

咲きにほひ
   風まつほどの 山ざくら
 人の世よりは ひさしかりけり
          堤の中納言(藤原兼輔)

三条の右大臣(藤原定方・さだかた)の返歌、

春々の
  花は散るとも 咲きぬべし
    またあひがたき 人の世ぞ憂き
          三条の右大臣(藤原定方)

七十二

 その式部卿の宮(敦慶親王)が生きていた頃、宇多院の院に住んでいて、平兼盛(たいらのかねもり)が呼ばれて話などをしていた。宮が亡くなられてから、その院を眺めると、様々なことが思い出され、風情のある池を見ながら、

池はなほ
   むかしながらの かゞみにて
 影見し君が なきぞかなしき
          平兼盛

七十三

 地方の国守として赴任する人に、堤の中納言(藤原兼輔)が「餞別(うまのはなむけ)」を用意して待っていたが、日が暮れるまで来ないので、

別るべき こともあるものを
  ひねもすに 待つとてさへも
    嘆きつるかな
          堤の中納言(藤原兼輔)

 別れさえ悲しいのに、さらに待たされる悲しみとはと詠むので、国守は慌ててやってきたとか。

七十四

 堤の中納言(藤原兼輔)が、屋敷の正殿(せいでん)のすこし遠いあたりに立っていた桜を、近くに移し替えたところ、枯れそうに見えるので、

宿近く
  うつして植ゑし かひもなく
    まちどほにのみ 見ゆる花かな
          堤の中納言(藤原兼輔)

七十五

 堤の中納言(藤原兼輔)が、加賀の国守として赴任する人に、別れを惜しむ夜、

君がゆく
  越のしら山 知らずとも
    ゆきのまに/\ あとはたづねむ
          堤の中納言(藤原兼輔)

七十六

 桂の皇女(孚子内親王・ふしないしんのう)のところに、源嘉種(みなもとのよしたね)がしのんで来たのを、皇子の母が聞きつけて、戸を閉ざしてしまったので、夜通し外に立たされて、帰る時に、

今宵こそ
  なみだの川に いる千鳥
    なきてかへると 君は知らずや
          源嘉種

七十七

 これも桂の皇女に源嘉種が、

ながき夜を
   あかしの浦に 焼く塩の
 けぶりは空に 立ちやのぼらぬ
          源嘉種

などと詠んでしのび逢っている時に、桂の皇女は宇多院の十五夜の宴に呼ばれた。逢うことも出来なくなるので、源嘉種が留めようとしたが、皇女は出向いてしまったので、

竹取(たかとり)が
  よゝに泣きつゝ とゞめけむ
 君は君にと 今宵しもゆく
          源嘉種

七十八

 監の命婦(げんのみょうぶ)が、元旦の儀式に出られた時に、弾正の親王(だんじょうのみこ)(元平親王)が一目惚れして、手紙を送ったので、その返しに、

うちつけに
   まどふこゝろと 聞くからに
  なぐさめやすく おぼほゆるかな
          監の命婦

親王の返歌は今は忘れてしまった。

七十九

 これも弾正の親王に、監の命婦(げんのみょうぶ)が、

こりずまの
  浦にかづかむ うきみるは
    浪さわがしく ありこそはせめ
          監の命婦

八十

 宇多院の院で花が咲き誇る頃、歌会が開かれた時に、右京の大夫宗于が、

来てみれど こゝろもゆかず
  ふるさとの むかしながらの
    花は散れども
          源宗于(みなもとのむねゆき)

2017/11/20

[上層へ] [Topへ]