『大和物語』四十一段~五十段

(朗読ファイル) [Topへ]

大和物語 四十一段~五十段

四十一

 源大納言(源清蔭)のもとに、としこ(藤原千兼の妻)がいつもいらっしゃった頃、ふたりを含めた四人が、世の中のはかないことなどを語り合ったときに、源清蔭が和歌を詠めば、誰も返歌はせずに、涙を流すばかりだった。

いひつゝも 世はゝかなきを
   かたみには あはれといかで
 君に見えまし
          源清蔭 (新勅撰集)

四十二

 ゑしうという法師が、ある女性に、加持祈祷などを行う御験者(おほんげんざ)として使えていたとき、世間に男女の噂が立ったので、それに対して、

里はいふ
  山にはさはぐ 白雲の
    空にはかなき 身とやなりなむ

と言い、相手の女性に対しては、

あさぼらけ
  わが身は庭の しもながら
    なにを種にて こゝろ生ひけむ

と、身分違いの恋を嘆く和歌を詠んだ。

四十三

 そのゑしう大徳(得のある僧)が、切掛(板塀の一種)を作らせたときの切れ端に、

まがきする
  飛騨のたくみの たつき音の
    あなかしがまし なぞや世の中

と和歌を残して、深い山奥へと修行に立ってしまったが、先の女性(四十二段)が「どこに住んだら良いものか。なんて言って籠もってしまうほどのところは、いったいどこなのかしら」と尋ねてみせれば、

なにばかり 深くもあらず
  世のつねの 比叡(ひえ)を外山(とやま)と
    見るばかりなり

と答えて見せた。

四十四

 そのゑしう法師に、ある人が、比叡山に入られる日はいつですかと聞けば、

のぼりゆく
  山の雲居の 遠ければ
 日もちかくなる ものにぞありける

と答えるが、四十二段にあるような女関係のうわさが立ってしまったので、

のがるとも
  誰か着ざらむ ぬれごろも
    あめの下にし 住まむかぎりは

と和歌を詠むのだった。

四十五

 堤の中納言(藤原兼輔)が、自分の娘である藤原桑子を、醍醐天皇の妻として送り出したとき、天皇が娘をどう思っているかを思い悩んで、

ひとの親の
   こゝろは闇に あらねども
  子を思ふ道に まどひぬるかな
         藤原兼輔 (後撰集)

と和歌をおくると、天皇から返事があったが、それは私たちに知る由もない。

四十六

 平中(へいちゅう)こと平定文(たいらのさだふん)(871-923)が、ある女性との仲がしばらく絶えてから、また逢った後に、

うちとけて 君は寝つらむ
   われはしも 露のおきゐて
 恋にあかしつ
          平定文

と詠めば、女性から、

白露の
  おきふし誰を 恋ひつらむ
    われは聞きおはず いそのかみにて

四十七

 あるいは三十八段の同一人物か、陽成院の妻のひとりである一条の君が、

おく山に
  こゝろを入れて たづねずは
    深きもみぢの 色を見ましや

四十八

 先の宇多天皇の時、「刑部の君(ぎょうぶのきみ)」と呼ばれていた更衣(こうい)(天皇の妻のうち、女御より下)が、里に戻ったまま戻らないので、天皇が、

大空を
  わたる春日の 影なれや
    よそにのみして のどけかるらむ
          宇多天皇 (新古今集)

四十九

 その宇多天皇が、娘であり、斎院(さいんん)(京都賀茂神社に使える未婚の皇女)でもあった君子内親王(くんし・きみこないしんのう)に、菊と一緒に、

ゆきて見ぬ
   人のためにと 思はずは
 誰か折らまし わが宿の菊
          宇多天皇 (続古今集)

とおくれば、斎院からの返し、

わが宿に
   色をりとむる 君なくは
 よそにもきくの 花を見ましや
          斎院

五十

 二十七段、二十八段に出てきたかいせうあるいはかいせん法師が、比叡山に登ったとき、

雲ならで
  木高(こだか)き峰に ゐるものは
 憂き世にそむく わが身なりけり
          かいせん (新拾遺集)

2017/11/11

[上層へ] [Topへ]