『大和物語』021段~030段 現代語訳

(朗読ファイル) [Topへ]

021段 森の下草

 良少将[諸説有り。良岑仲連か、良岑義方か]が、兵衛府の佐(すけ)[次官にあたる]だったころ、監の命婦(げんのみょうぶ)のもとに通っていた。女のもとから、

柏木の もりの下草 老いぬとも
   身をいたづらに なさずもあらなむ
          監の命婦 (続古今集)

[兵衛府の象徴でもある柏木の森
   その下に生えるように あなたの下にある私ですが
  もしその下草が 老いたとしても
    その身をいらない物と
      見捨てないでくださったなら]

とあったので返しに、

柏木の もりの下草 老いのよに
  かゝる思ひは あらじとぞ思ふ
          良少将 (続古今集 僧正遍昭の和歌として)

[柏木の
   森の下草が 老いた世であっても
  そんな思いには ならないと思います]

022段 染革の色

 その良少将が、太刀を結ぶ皮を求めたとき、監の命婦が「わたしのところにある」と言ったきり、ずっとくれないので、

あだ人の
  頼めわたりし そめかはの
    色の深さを 見でやゝみなむ
          良少将 (続後拾遺集 良岑宗貞の和歌として)

[誠意のないあなたを
   頼みに思い続けた染革の
  まるで渡る時に見える染川の色のような
    その色の深さを
      見ることもなく終わるのでしょうか]

[僧正遍昭=良岑宗貞で、二十一段二十二段の和歌が、良少将の名称から、後世あやまって良岑宗貞に関連付けられたものと思われる。]

と詠み贈れば、監の命婦はたいそう褒め称えて、皮を探し求めて相手に贈ったのだった。

023段 せかなくに

 陽成院の二の皇子[元平親王]が、後蔭(のちかげ)の中将の娘の所に、年来通っていたのを、女五の宮(おんなごのみや)[宇多天皇皇女の依子内親王(いしないしんのう)]を得られてから、まったく訪れなくなってしまった。

 それで、もはや来ることもないだろう、とあきらめて、たいそう悲しみに沈んでいると、しばらくしてから、思いがけない時に訪れたので、言葉を掛けることも出来ずに、逃げて扉の内側に籠もってしまった。

 そのまま帰った皇子は、翌朝になって、「どうして、これまでのことをお話ししようと訪ねたのを、隠れてしまったのでしょうか」と伝えてきたので、手紙に文はしたためず、ただこのように書き送った。

せかなくに
   絶えと絶えにし 山水の
 たれしのべとか 声を聞かせむ
          後蔭の中将の娘 (続後撰集)

[せき止めたわけでもないのに
   すっかり絶えきってしまった 山の水に
  誰を思い出すとか 互いの言葉を
    もはや聞かせることは叶いません]

024段 君まつ山のほととぎす

 先の帝[醍醐天皇 or 清和天皇]の時代に、右大臣の娘[藤原定方の娘藤原能子(よしこ)or 藤原多美子]が、上の御局[天皇お側の控え室くらいで]に参上して、控えていた。天皇は来られるかと、心待ちにしていたが、来られないので、

ひぐらしに
  君まつ山の ほとゝぎす
    とはぬ時にぞ 声もおしまぬ
          右大臣の娘

[日がな一日
   あなたを待ちます 松山のホトトギスのように
  訪れてくれない時にこそ 声を惜しまず泣いているのです]

025段 千代の松

 比叡山に、明覚法師[藤原千兼の妻「としこ」の兄]が、山に籠もって修行をしているとき。徳を積んだ高僧の、すでに亡くなった後の僧坊に、松の木が枯れているのを見て、

ぬしもなき
  宿に枯れたる 松見れば
    千代すぎにける こゝちこそすれ
          明覚法師

[あるじもいない
   宿に枯れている 松を見れば
     まるで千年もの時が流れたような
   そんな気持ちにさせられます]

と詠めば、僧坊に泊まっていた弟子たちも、しみじみとした思いにとらわれた。この明覚は、としこの兄であった。

026段 わが宿を見きとないひそ

 桂の皇女(みこ)[宇多天皇の皇女、孚子内親王(ふしないしんのう)]が、密かに逢ってはならない人と会っていた時、男のもとへ詠んだ和歌。

それをだに 思ふことゝて
  わが宿を 見きとないひそ
    人の聞かくに
          孚子内親王 (古今集)

[せめてそれを わたしを思ってくださる証として
   どうか私の家を 見たとは言わないでください
     人の耳に入ってうわさが立たないように]

027段 いづちゆかまし

 戒仙(かいせう・かいせん)という人が、法師になって山に住むときに、洗い物をする人がいないので、親の元に着物を洗濯に送りつけていたところ、いかなる折りであろうか、親が気を悪くして、「親兄弟の言うことも聞かず法師になった人は、こんな面倒なことを言ってくるのか」と言ってきたので、和歌を詠み送った。

いまはわれ いづちゆかまし
  山にても 世の憂きことは
    なほも絶えぬか
          戒仙法師

[今はわたしは どこへ行けば良いのか
   山に籠もっても 俗世間の煩わしさは
     なおも絶えないというのなら]

028段 朝霧のなかに君ますものならば

 その戒仙が、自分の父[一説に在原業平の孫に当たる在原棟梁(むねやな)]であった兵衛の佐(すけ)が亡くなった年の秋に、家に仲間どうし集まって、宵から酒を飲み交わしたりしていた。もういらっしゃらない事の、しみじみとした悲しみを、客たちもあるじも恋しく語ったりしていた。夜明けが近づいて朝ぼらけの頃、霧が立ち渡るので、客の誰かが、

朝霧の
   なかに君ます ものならば
 晴るゝまに/\ うれしからまし
          客のひとり

[もしこの朝霧の
   なかにその人が いるのであれば
  霧が晴れるにしたがって
    うれしい気持ちにもなれるだろうに]

[実際はもうその人はいないし、うれしい気持ちにはなれずにいるという、酒宴の後の朝の独特な心情のまじった、殺風景な悲しみが込められている]

と詠むので、戒仙の返し、

ことならば 晴れずもあらなむ
   秋霧の
 まぎれに見えぬ 君と思はむ
          戒仙

[どちらにしろ今はいない
   おなじ事ならば せめて晴れないで欲しい
     秋霧にまぎれて見えないだけの
   その人と思っていたいから]

 客は、紀貫之、紀友則などであった。

029段 をみなへし

 今はなき式部卿[宇多天皇の皇子敦慶(あつよし)親王]の屋敷に、三条の右大臣[藤原定方]や、他の公卿たちが集まって、囲碁やら管弦をしつつ夜も更ければ、みな酔っては語り合い、贈り物を与などしていた。そこで、おみなえしを頭にさした右大臣が、

をみなへし
  折る手にかゝる しら露は
    むかしの今日に あらぬなみだか
          藤原定方 (新勅撰集)

[女郎花を
   折るとき手にかかった白露は
     昔いたあなたが 今日にはいない
  そのことを嘆く なみだなのかな]

と和歌を詠んだ。他の人々の和歌も多くあったが、良くないものは忘れてしまった。

030段 ふけゐの浦に立つ浪の

 今はなき右京の大夫(かみ)[源宗于(みなもとのむねゆき)]が、昇進出来るはずの頃なのに、自分が昇進出来ないでいると思っている時。亭子の帝(ていじのみかど)[宇多天皇]のもとに、紀伊国(きのくに)[和歌山県から三重県南部]から石の付いた海松(みる)[食用にもされた海藻の名]が献上されたので、それを題にして皆が和歌を詠むときに、右京の大夫が、

沖つ風
  ふけゐの浦に 立つ浪の
    なごりにさへや われはしづまむ
          源宗于 (新千載集)

[沖では風が
   吹きますような吹井の浦に 立つ浪の
  その余波をかぶってさえ 石の付いたようなわたしは
     しずんでしまうのでしょうか]

[吹井の浦(ふけいのうら)は、現在の和歌山県和歌山市南東にある海岸とされる。石の付いた海藻なので、浮かずに、わずかな波にさえ沈んでしまうという内容だが、海藻への凝った着想よりも、読み手の沈んだ心情の方が先に感じられ、すぐにいぶかしく思われたかと推察されるが、その後のことは何も記されていない]

2017/11/09
2018/10/13 改訂

[上層へ] [Topへ]