『大和物語』一段~十段

(朗読ファイル) [Topへ]

大和物語 一段~十段

 亭子の帝(ていじのみかど)、つまり宇多天皇が、天皇を譲って譲位するころ、女流歌人の伊勢(いせ)が、壁に和歌を記せば、宇多天皇もその横に和歌を書かせる。

わかるれど
   あひも惜しまぬ もゝしきを
 見ざらむことの なにか悲しき
          伊勢 (後撰集)

身ひとつに あらぬばかりを
   おしなべて ゆきめぐりても
  などか見ざらむ
          亭子の帝 (後撰集)

 宇多天皇が譲位して、出家して山を歩き回るとき、天皇に合わせて出家した橘良利(たちばなのよしとし)がお供をして、日根(ひね)というところで和歌を詠むと、みな感動して、次を詠むものはいなかった。

ふるさとの
   たびねの夢に 見えつるは
  恨みやすらむ またとゝはねば
          橘良利

 今はなき源大納言(げんだいなごん)、つまり源清蔭(みなもとのきよかげ)(884-950)が宰相の地位にあったころ、京極の御息所という、宇多院に使えていた女性(左大臣藤原時平の娘)が、60歳の祝賀のためのものを作りたいと言うので、源大納言は「としこ」という女性に作らせた。彼女は源大納言の義兄弟にあたる藤原千兼(ふじわらのちかげ)の妻に当たり、しばしば大和物語内に登場する。

 十月一日に、としこが源大納言に頼まれていたものを送り届ける際に、「ちぢの色に」と始まる和歌を添えて送ったが、宇多院の祝賀が終わると、源大納言からの連絡も来なくなってしまったので、ちょっと恨みごとした和歌を送ったら、翌年に宰相から返歌があった。

ちゞの色に
  いそぎし秋は すぎにけり
    今は時雨に なにを染めまし
          としこ (新勅撰)

かたかけの
  舟にや乗れる 白波の
 さわぐ時のみ 思ひいづる君
          としこ

あをやぎの 糸うちはへて
  のどかなる 春日(はるひ)しもこそ
    思ひいでけれ
          源清蔭

 野大弐(やだいに)こと小野好古(おののよしふる)(884-967)が、ちょうど「純友の乱」があったとき、討伐に任命されたが、ちょうど昇進の時期にもあたっていたので、期待して待ちわびていたら、京からの源公忠(みなもとのきんただ)からの手紙に、和歌で「以前の階級の服装であなたを見ようとは」とあったので、昇進が叶わなかったことを知って、泣いて、泣いて、泣きまくってしまった。

玉くしげ
  ふたとせあはぬ 君が身を
 あけながらやは あらむと思ひし
          源公忠 (後撰集)

 話の前に、醍醐天皇の妻の一人が藤原穏子(おんし・やすこ)で、保明親王を生んでいたが、親王は若くして亡くなってしまう。しかし亡くなってほどなくして、穏子は923年、中宮となって、事実上の皇后となった。それをふまえて……

 前の皇太子であった保明親王が亡くなったので、親王の乳母の娘であった大輔(たいふ)が嘆きまくっていたが、穏子が中宮になられるので、新たな后になる日には不吉であると、姿を隠させたので、大輔は和歌を詠んでよこした。

わびぬれば
   いまはとものを 思へども
 こゝろにゝぬは 涙なりけり
          大輔(たいふ) (新勅撰)

 藤原朝忠(あさただ)(910-66)が、他人の妻と恋仲だったが、その女性は夫と一緒に地方に下ってしまったので、女のもとに別れ歌を詠んだ。

たぐへやる
   わがたましひを いかにして
 はかなき空に もてはなるらむ
          藤原朝忠 (新千載)

 恋仲の男女が、知り合って年を過ごしたが、ささいなことで別れてしまった。しかし嫌いになって別れたのではなかったので、、男の方もしみじみとした思いに囚われて、和歌を送ると、女性もしみじみとした感慨に囚われた。

あふことは
   いまはかぎりと 思へども
 なみだは絶えぬ ものにぞありける (新勅撰)

 監の命婦(げんのみょうぶ)(しばしば登場するが家系など詳細不明)という女性のもとに、式明親王(907-966)が通っていたころ、「片違(かたたが)え」で方角が悪いので、今日はいけませんと連絡があった。命婦が「どうせいつも方角がふさがっているんでしょう」とすねた和歌を送ったら、占いをものともせず、やってきて泊まっていった。またしばらく逢えなくて、狩りに言ってましたと連絡があった。命婦は「うらみはしませんが……」という裏のありそうな和歌を送ったが、それに対する男の返歌の内容は、今では忘れられてしまったようだ。

あふことの
  方(かた)はさのみぞ ふたがらむ
 ひと夜めぐりの 君となれゝば
          監の命婦

大沢(おほさは)の
  池の水くき 絶えぬとも
    なにか恨みむ さがのつらさは
          監の命婦

 克明親王がなくなって、一周忌が行われた際に、藤原千兼(ちかね)の妻「としこ」が、親王の北の方であった、藤原時平の娘に和歌を贈ったら、そのお返しがあった。

おほかたの
  秋の果てだに 悲しきに
    今日はいかでか 君くらすらむ
          としこ (続後撰)

あらばこそ
  はじめも果ても おもほえめ
    今日にもあはで 消えにしものを
          北の方

 監の命婦が、かつて売った家の前を通るときに、「かは」(これは)という言葉に「川」を掛けて、川の渕瀬の変わる思いを和歌に詠んだ。

ふるさとを
  かはと見つゝも わたるかな
    渕瀬(ふちせ)ありとは むべもいひけり
          監の命婦

2017/11/08

[上層へ] [Topへ]