源俊頼 ――歌論、和歌とその朗読

源俊頼 ――歌論、和歌とその朗読

 『俊頼髄脳 (としよりずいなう)』について
………『金葉和歌集』(五代勅撰和歌集)の撰者でもある、源俊頼(みなもとのとしより)の記した歌論書。おそらくは、関白の藤原忠実(ただざね)(1078-1162)の依頼により、娘のために記された和歌の手引き書であると考えられ、その娘は後に鳥羽上皇に入内して、泰子(やすこ)あるいは高陽院の院号を持つ女性であるとされている。執筆は1110年代頃とされる。
………実用的な手引き書であり、和歌の説明や歴史から、季語、言葉遣い、有名な和歌、異名、連歌などさまざまな解説を含むと同時に、豊富な逸話集を兼ねている。一方で、学者の書と解釈すれば、粗忽(そこつ)なミス、誤認が多いことが指摘されている。だからといって、『粗忽髄脳』とは呼ばれない。もっとも当時のちまたに流布していた説、流行話に従ったものも多そうで、それを今日から正当性を云々するのは、幾分馬鹿げた側面を持つことも否めない。
 『俊頼髄脳 (としよりずいなう)』 その朗読について
………原文掲載などわたしには不可能である。自らの助けとして朗読するものではあるが、この朗読は小学館の『新編 日本古典文学全集 87 歌論集』の『俊頼髄脳』を朗読したものであり、下の音声ファイルは、この書籍のページ数や見出しをもって分割するものであるから、これを利用する場合は、書籍の購入と利用が、もっとも簡便である。些細な読み違いは、気づいても時間の都合で、そのままにしてあるので、あしからず。
 『俊頼髄脳 (としよりずいなう)』 直接音声ファイルへ
『俊頼髄脳 一』
………… 序から和歌の種類まで (p15〜)
『俊頼髄脳 二』
…………歌の病について (p31〜)
『俊頼髄脳 三』
…………歌人の範囲 (みかど、僧、神などの和歌) (p31〜)
『俊頼髄脳 四』
…………和歌の効用、詠まれるシチュエーション (p48〜)
『俊頼髄脳 五』
…………歌の題と、その詠み方 (p57〜)
『俊頼髄脳 六』
…………秀歌の例など (p64〜)
『俊頼髄脳 七』
…………和歌の技法 (見立て、本歌取り、歌の返し、思わせたる歌、歌枕) (p78〜)
『俊頼髄脳 八』
和歌の技法2 (異名) (p90〜)
『俊頼髄脳 九』
…………季語・言葉の由来・逸話など その一 (p94〜)
『俊頼髄脳 十』
…………季語・言葉の由来・逸話など その二 (p108〜)
『俊頼髄脳 十一』
…………季語・言葉の由来・逸話など その三 (p123〜)
『俊頼髄脳 十二』
…………季語・言葉の由来・逸話など その四 (p137〜)
『俊頼髄脳 十三』
…………季語・言葉の由来・逸話など その五 (p153〜)
『俊頼髄脳 十四』
…………表現の虚構性と歌心について その一 (p169〜)
『俊頼髄脳 十五』
…………表現の虚構性と歌心について その二 (p180〜)
『俊頼髄脳 十六』
…………連歌について (p189〜)
『俊頼髄脳 十七』
…………和歌と故事 その一 (p206〜)
『俊頼髄脳 十八』
…………和歌と故事 その二 (p219〜)
『俊頼髄脳 十九』
…………和歌と故事 その二 (p233〜最後まで)

源俊頼 (1055-1129)

源俊頼 (1055-1129) 生涯略歴
………「うだうだ言ってんじゃねえ」でお馴染みの??? 宇多天皇の息子の一人、敦実親王(あつざねしんのう)(893-967)より流れ下る、宇多源氏の源経信(みなもとのつねのぶ)(1016-1097)。彼は、初期の歌論によって今日にまで名声を博(はく)する藤原公任(ふじわらのきんとう)(966-1041)のライバルとして……かどうかは知らないが……和歌や管弦の巧みとして名を馳せた人物である。その三男こそが源俊頼(みなもとのとしより)である。父が桂大納言と呼ばれ、大納言、正二位まで上り詰めた、しかもその父である源道方(みなもとのみちかた)(968-1044)も正二位・権中納言まで上り詰めた人物であり、さかのぼれば宇多天皇の息子にまでたどり着く血筋としては、従四位上・木工頭(もくのかみ)止まりだった俊頼には、やりきれない思いもあったかもしれないが、好敵手であった?藤原基俊(もととし)と共に、歌壇の中心的存在であった。
………当時の歌人の秀例に漏れず、楽人としてもひちりきの演奏に優れ、当初は堀河天皇のもとで楽人としての活躍を見せるが、やがて父経信(つねのぶ)が、1095年に大宰権帥に任命された時には、四十路の頃をして父に従い大宰府へと赴いた。歌人としての活躍は、1097年に父が亡くなり、みやこへと戻ってからのことで、後の百題の規範となった『堀河院百首(ほりかわいんひゃくしゅ)』(当代の歌人十六人による百首づつの撰集)や、白河院の命により1124年に奏覧(そうらん)された『金葉和歌集(きんようわかしゅう)』のたったひとりの撰者を務めるなどの活躍を見せた。また同時代のライバルとされた、藤原基俊(ふじわらのもととし)とは、1118年には『内大臣忠通家歌合』において共に判者を勤めるなど、火花を散らしていたともされる。
………ウィキペディアからそのまま引用すると、
「『金葉和歌集』以下の勅撰和歌集に201首入集。『金葉和歌集』(35首)・『千載和歌集』(52首)では最多入集歌人となっている。」そうである。また「子に俊重(千載集に入集)・俊恵・祐盛がいる。」ともある。

源俊頼のリンク

ウィキペディア
………「源俊頼」の解説
ウィキクォート
………「源俊頼」の引用
千人万首 源俊頼
………「やまとうた」のなかの「源俊頼」の和歌紹介
なみだの果てを
………有用なるサイトだにあらずて沈みけり

[Topへ]