藤原俊成 ――歌論、和歌とその朗読

藤原俊成 ――歌論、和歌とその朗読

 『古来風体抄 (こらいふうていしょう)』について
………歌人の中の歌人ともてはやされる藤原定家の父親である俊成の、晩年の執筆であるが、その選出にはまた息子との趣味の違い、和歌への理想の違いも見て取れるような和歌撰集。上に万葉集を、下に勅撰和歌集のアンソロジーを、自らの選出した千載和歌集までを抜き出した、教科書じみた和歌撰集に、和歌の起こりや歴史を折り込んだ名著。執筆動機は、息子の定家卿との恋仲も噂される、新古今集の和歌のヒロイン、式子内親王からの依頼ではなかったかと考えられている。
………どうでもよいが、この書物の執筆態度と、和歌の撰集を、定家卿と比べると、この親子のなんと似たところのあるものか、という感慨と、和歌の資質の異なるものであるということ、さらには定家卿の鑑識眼の時代にぬきんでた点などが、なおさら思い起こされるものである。
 『古来風体抄』 その朗読について
………原文掲載などわたしには不可能である。自らの助けとして朗読するものではあるが、この朗読は小学館の『新編 日本古典文学全集 87 歌論集』の『古来風体抄』を朗読したものであり、下の音声ファイルは、この書籍のページ数や見出しをもって分割するものであるから、これを利用する場合は、書籍の購入と利用が、もっとも簡便である。些細な読み違いは、気づいても時間の都合で、そのままにしてあるので、あしからず。
 『古来風体抄 (こらいふうていしょう)』 直接音声ファイルへ
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 上一』
………和歌とその歴史 (p249〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 上二』
………万葉集からの勅撰について (p263〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 上三』
………万葉集巻第一から巻第四 (p276〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 上四』
………万葉集巻第五から巻第九 (p290〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 上五』
………万葉集巻第十から巻第十一 (p300〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 上六』
………万葉集巻第十二から巻第二十 (p314〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 上七』
………万葉集の特色、歌の病、古歌の伝承についてなど (p333〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 下一』
………古今和歌集その一 (p349〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 下二』
………古今和歌集その二 (p364〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 下三』
………後撰和歌集 (p374〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 下四』
………拾遺和歌集 (p384〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 下五』
………後拾遺和歌集 (p398〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 下六』
………金葉・詞花和歌集 (p417〜)
『古来風体抄 (こらいふうていしょう) 下七』
………千載和歌集、識語 (p434〜)

藤原俊成 (ふじわらのとしなり) (1114-1204)

藤原俊成 (1114-1204) 生涯略歴
………藤原道長の流れを汲む御子左家(みこひだりけ)ではあるが、すでに歌人として知られていた藤原俊忠(としただ)の息子として生を受けた俊成は、しかし十歳の時に父親を失うと、義理の兄である藤原顕頼の養子になるなど、順風満帆とは言えない曲折を得ながら、次第に歌人として知られるようになっていった。
 俊成以前の時代の大御所と言えば、源俊頼(としより)藤原基俊(もととし)がライバル関係を結んでいたことで知られているが、俊成は二十代半ばになってから、晩年の藤原基俊に師事したことが知られている。もっとも、歌人としての意識は定まっていたようで、あるいは政略的なことかもしれず、実際は源俊頼の方をはるかに優れたものと意識していたことが、鴨長明の「無名抄」から伝えられている。
 九条兼実(かねざね)に認められ、歌人としての名声を高めると、やがては後白河法皇の命により勅撰和歌集『千載和歌集』(1188)の、ただ一人の撰者となる名誉を得ることとなった。(歌人としては究極的な栄誉である)
 その後、後白河法皇亡き後、兼実(かねざね)の失脚に合わせて、息子の定家同様、肩身の狭い状況に置かれたものと思われるが、兼実(かねざね)の復活と後鳥羽院の庇護のもと、晩年を名声のままに過ごしたようである。
………「一ノ谷の戦い」で源氏に討たれた平忠度(たいらのただのり)(1144-1184)の師としても知られ、京を逃れる忠度が、俊成のもとに立ち寄り、俊成は彼の亡き後、「よみひと知らず」として、千載和歌集にその和歌を偲ばせたという逸話が残されている。
………1176年に出家しての法名を「釈阿(しゃくあ)」という。和歌に関わっていると、聞くこともある名称なので、覚えておいても損はない。

藤原俊成のリンク

ウィキペディア
………「藤原俊成」の解説
千人万首 藤原俊成
………「やまとうた」のなかの「藤原俊成」の和歌紹介

[Topへ]