太宰治の生涯、小説と朗読

太宰治(1909-1948)の生涯

太宰治の生涯
………

太宰治の小説と朗読

「満願」
………リーチ一発で「満貫」を上がった時の喜びの小説ではない。「満願」とは、ある一定の日数を祈り続けると祈りが成就するといった願いのことである。(仏教用語)
「ダス・ゲマイネ」
………自我に乏しいがゆえに通俗性に溢れる馬場などの人物から、好意を持たれている私は、欲求に乏しいある種の抽象的好人物と見なされているらしかった。馬場が同人誌的な文芸誌の出版を志すので、それに引き込まれるように関わりを深める私だったが、人々がどれほど馬場を下等なものとして描きだそうとしても、どうしても彼を憎みきれないのだった。けれども自我に溢れた彼らを見るうちに、自分は何ものなんだろうと思い始めて……

太宰治に関するリンク

太宰治 (青空文庫)
………青空文庫の太宰治作品リスト。
太宰治 (ウラ・アオゾラブンコ)
………ウラ・アオゾラブンコ内の太宰治。
太宰治 (ウィキペディア)
………ウィキペディアの太宰治。
太宰治資料館
………中央大学の教授の渡部芳紀さんのサイト。写真付きのテキストが非常に便利。

[Topへ]