『大和物語』百四十一段~百五十段

(朗読141~) (147) (148~) [Topへ]

大和物語 百四十一段~百五十段

百四十一段 『波路』

 大和の掾(じょう)の役職にあった男がいた。本妻のもとに、筑紫から新しい妻が来たが、二人は仲良く過ごすのだった。男が家にいないことが多いので、いつしか新妻は、別の男を設けてしまった。それを他人に言われると、

夜半にいでゝ
  月だに見ずは 逢ふことを
    知らず顔にも 言はましものを

と答えるのだった。
 それでも本妻は、夫にも言わないでいたのだが、他の所から事実を知ってしまう。夫の方は、もはや新妻に関心が薄れていたようだったが、それでも「自分とその男とどちらが好きなのか」と尋ねれば、

花すゝき
   君がゝたにぞ なびくめる
 おもはぬ山の 風は吹けども

と言って夫を取るのだった。

 しかし、新たに言い寄る男がいて、新妻も「もう男なんか作りません」と言っていたのだが、手紙に返事を書いたりしているうちに、だんだん恋しくなってしまって、新しい男と恋に落ちてしまって、本妻のもとに、

身を憂しと
   思ふこゝろの こりねばや
 人をあはれと 思ひそむらむ

と、性懲りも無く、男を作ったことを白状するのだった。

 そんな正直なところが、かえって好ましかったのか、後妻は変わらずに彼女と親しくしていたのだが、夫の方がもはや新妻に愛情を注がなくなっていたので、新妻は親兄弟のいる筑紫に帰ることにした。

 夫は留めることもなかったが、本妻の方はずっと一緒にいたので、大変悲しく思い、一緒に山崎まで出向いて、舟に乗せてやることにした。

 結局夫も来たが、この本妻と新妻は、昼夜一日中、さまざまなことを語り合って、翌朝舟に乗るのだった。見送る方も別れゆく方も悲しい気持ちでいると、舟に乗った新妻から、手紙が届けられた。

ふたり来(こ)し
  道とも見えぬ 波のうへを
 思ひかけでも かへすめるかな

とあったので、夫も本妻も、しみじみとして涙を流すのだった。すでに舟は出て、返事も書けず、夫婦の乗る車は、舟を見送って進まず、舟に乗る人は、車を見ようして顔を出して、漕ぎ離れていく。しだいに遠くなって、顔が小さくなるまで、眺めていると、たいそう悲しい気持ちにとらわれるのだった。

百四十二段 『命待つ間』

 今は亡き御息所の長女は、心深く歌も上手だったが、若い討ちに、母親はなくなって、継母の手で育てられたので、心の思うままにはならないこともあって、

ありはてぬ
   いのち待つ間の ほどばかり
 憂きことしげく 嘆かずもがな
          (古今集 平定文の和歌として)

と詠むこともあった。また梅の花を折っては、

かゝる香の
   秋もかはらず にほひせば
 春恋してふ ながめせましや

と詠んだりもした。

 とても心深くおもむきのある女性だったので、言い寄る男も多かったが、返事さえしない。それで「女という者はひとりで一生を終えるものではない。時々は返事くらいは」と両親が責めるので、また和歌で、

思へども 甲斐なかるべみ
  しのぶれば つれなきともや
    人の見るらむ

とだけ言って、黙ってしまうのだった。

 そのような訳で、親は結婚させようとするのだったが、「一生男は持ちません」と常に言っていて、29歳で結婚もしないで死んでしまった。

百四十三段 『在次の君』

 むかし、在原業平(ありわらのなりひら)(825-80)の息子である在原滋春(しげはる)には、五条の御(ご)と呼ばれる妻があった。

 その妻の元に、忍んで通っていた頃、自分だけだと思っていたら、自分の兄弟たちも、やはり通っていたのだった。それで女に詠んだ和歌。

忘れなむと
   思ふこゝろの 悲しきは
 憂きも憂からぬ ものにぞありける
          在原滋春 (新勅撰集)

 今では古いむかしの話である。

百四十四段 『甲斐路』

 父である、在原業平が東国に下ったことがあるせいだろうか、この在原滋春も、よその国へ行って情緒に合わせた和歌を詠んだりしていた。例えば、小総の駅(おぶさのうまや)[神奈川県小田原市酒匂(さかわ)付近か]は、海辺だったので、

わたつみと 人や見るらむ
  逢ふことの なみだをふさに
    泣きつめつれば
          在原滋春

 また近くの箕輪(みのわ)の里で、

いつはとは
  わかねどたえて 秋の夜ぞ
    身のわびしさは 知りまさりける
          在原滋春

と詠んだりした。

 やがて、国々を歩き回って、甲斐国(かひのくに)[山梨県辺り]に来て住んでいる時に、病気で死ぬ間際に、

かりそめの
  ゆきかひ路とぞ 思ひしを
 いまはかぎりの 門出(かどで)なりける
          在原滋春

と詠んで亡くなったという。

 この在原滋春と一緒に居た事がある知人が、三河から京にのぼるときに、宿でこれらの和歌を見て、筆跡から彼のものだと知って、しみじみとした感慨に囚われたという。

百四十五段 『浜千鳥』

 宇多法皇が、川尻[ここでは淀川の河口付近]に滞在したとき、「しろ」という名の遊女[ここは遊女の場所として知られていた]を呼び寄せたが、貴族達が沢山居るので、奥の方に控えていると、「そんな奥に居るのはなぜか、和歌で教えよ」と命じるので、

浜千鳥
  飛びゆくかぎり ありければ
 雲たつ山を あはとこそ見れ

と詠んだところ、法皇は褒美を授けたのだった。

いのちだに
   こゝろに叶ふ ものならば
 なにか別れの 悲しからまし
          (古今集)

という和歌も、この「しろ」が詠んだものである。

百四十六段 『鳥飼院』

 宇多法皇が、鳥飼院(とりかひのゐん)[大阪府摂津市三島町鳥飼に離宮があった]に滞在したとき、「このあたりの遊女で特にすばらしく歌うのは誰か」と尋ねたところ、遊女達は「大江玉淵(おおえのたまぶち)の娘と言っている者がいます」という。

 席に上げて「大江玉淵の娘とは本当か」と尋ね、「和歌の巧みであった男の娘なら、鳥飼という題でも、すばらしい和歌が詠めるはず」と言うと、

あさみどり
  かひある春に あひぬれば
    かすみならねど たちのぼりけり

と「とりかひ」の文字を織り込んで、心情もこもっていたので、天皇も貴族達も、酒の席ということもあって涙を流したという。褒美を与える時に「御前達も上着を脱いでこの女に与えないなら、即座に立ち去るべきだ」と言ったので、肩に掛けられないほどの上着が重ねられた。

 彼女が帰るときに、娘の住む近くに屋敷のある南院の七郎君(なんゐんのしちらうぎみ)に「この娘の面倒を見るように」と仰せになったので、常に尋ねて世話を焼いたという。

百四十七段 『生田川』

 むかし、津の国に女が住んでいた。言い寄る男が二人あって、一人はおなじ国の菟原(うばら)という男、もう一人は和泉の国の血沼(ちぬ)という男だった。どちらも年齢から、容姿、人格だけでなく、愛情までもおなじくらいで、しかもいい加減な愛情ではなかったから、女も思い悩んでしまった。

 見かねた親が、「どちらもおなじ深い愛情には感謝するが、ここはもはや川にいる水鳥を射て、当てた方に娘を遣りたいと思う」と言えば、男達も良しと言って鳥を射る。

 しかし一人が頭の方を射貫けば、もう一人は尾の方を射貫いて、やはり決着が付かなかったので、女は思い沈んで、

すみわびぬ わが身投げてむ
  津の国の 生田の川は
    名のみなりけり

と歌って、川に身を投げてしまった。親が驚いていると、二人の男も彼女を求めて、川に身を投げて、一人が女の足を、一人が女の手をとらえたまま死んでしまった。泣きながら娘の塚を作るときに、男の親たちも互いを罵りながら、娘の塚の両脇に、それぞれ塚を作ったのだった。

 このような昔話を絵に描いて、宇多天皇の皇后である藤原温子(おんし・よしこ)(872-907)に贈ったときに、昔話の男女に成り代わって、皆が和歌を詠む。まずは三十六歌仙の一人でもある伊勢(いせ)の御息所が、男の心で、

かげとのみ
   水のしたにて あひ見れど
  魂(たま)なきからは かひなかりけり
          伊勢

 均子(ひとしきこ)内親王が、はじめ女の心で、

かぎりなく
   深くしづめる わた魂は
 浮きたる人に 見えむものかは
          均子内親王

同じく内親王が、男の心で、

いづこにか 魂もとめけむ
  わたつみの こゝかしことも
    おもほえなくに
          均子内親王

 藤原高経の娘が、

つかのまも
   もろともにとぞ 契りける
  あふとは人に 見えぬものから
          藤原高経の娘

 春澄洽子(はるすみのあまねいこ)が、

かちまけも
  なくてや果てむ 君により
    思ひくらぶの 山はこゆとも
          春澄洽子

生きていた頃の女のつもりで、

あふことの
   かたみに恋ふる なよ竹の
  たちわづらふと 聞くぞ悲しき

また、

身を投げて
   あはむと人に 契らねど
  うき身は水に 影をならべつ

また、もう一人の男になって、

おなじえに
  すむはうれしき なかなれど
    などわれとのみ 契らざりけむ

女からの返しとして、

うかりける わが水底(みなそこ)を
   おほかたは かゝる契りの
  なからましかば

また男のつもりで、

われとのみ 契らずながら
  おなじえに すむはうれしき
    みぎはとぞ思ふ

 さて、話を伝説に戻して、一人の男は、武具などを揃えて墓に埋めたが、もう一人の男は、親がうかつだったのだろうか、そうせずに埋葬してしまった。この三人の塚の名前を、「をとめ塚」と呼ぶのだった。

 あるとき、この塚のあたりに、旅人が宿を取ったときの話である。人が争っている音がしたので、調べてみたが何も無いので、不思議に思ったが眠りに入った。すると、血まみれになった男が「仇(かたき)に攻められて困っています、腰の武具を貸して下さい」と現れたので、恐ろしく思いながら貸してやったのだった。

 旅人は「夢だったか」と思ったが、刀は貸して遣ったために、なくなっているのだった。不思議に思っていると、さっきの男が来て、「おかげで仇を討ち果たせたので、これからはあなたの守りとなしましょう」と言って、先に述べてきた伝説の話をし始めるのだった。

 端無を聞いているうちに、いつしか夜が明けると、その男は消えていて、塚のところには血が流れ、自分の刀にも血が付いていたのだった。

 そんなうさんくさい話ではあるが、聞いたままに語るものである。

百四十八

 津の国の難波(なにわ)のあたりに、夫婦が暮していたが、悪い家柄の人でもなかったが落ちぶれて、生活が出来なくなってきたので、男は妻を都へ「宮仕え」をするように勧め、自らは生活を立て直してまた逢おうと言うのだった。

 そうして女は都へ出たが、心細さに夫を思って、

ひとりして
   いかにせましと わびつれば
 そよとも前の 荻(をぎ)ぞこたふる

と嘆くのだった。

 都で仕えるうちに、服装も整って、生活も潤ったが、親しい人もなく、夫のことを知ることも出来ないでいた。やがて時は流れ、ついに彼女は都の貴族に認められて、彼の妻となってしまった。

 それでも前の夫のことが心配で、「お祓いがてらに難波で観光を」と言って、かつての夫のところへ向かうと、もとの家すらなくなっている。夫も見つけられないで、途方に暮れる夕方、葦(あし)を商う貧しい男に出会った。それが夫であった。

 しかし声を掛けたのが妻だと分ると、夫は逃げて隠れてしまったので、従者が追いかけて、「葦を買う代わりに物をさずけるだけだ」と夫に言うと、夫は和歌を書いて、これをお渡し下さいという。

君なくて
  あしかりけりと 思ふにも
    いとゞ難波の 浦ぞすみ憂き

 和歌を贈られた妻は、涙を流し、和歌を返すには。

あしからじ
   とてこそ人の わかれけめ
 なにか難波の 浦もすみ憂き

百四十九

 昔、大和国(やまとのくに)、葛城郡(かつらぎのこおり)に男と女が住んでいた。女の方は容姿は優れていたが、貧しくなってしまったので、男は裕福な女性を妻として迎え入れた。

 もとの女のところに行くと、やはりみすぼらしく居て、新しい妻の元へ行くことも気にしていない様子で、「あちらにお行き下さい」と勧めるので、男はかえって「新しい男でも」と不安になって、茂みに隠れて覗いていると、

風吹けば
   沖つしら浪 たつた山
 夜半にや君が ひとり越ゆらむ

と、男が新妻の元へ向かうことを嘆く和歌を詠んだ。さらに水を入れた容器を胸に当てて冷やしているので、どうしたかと思って見ていると、水が沸騰してしまったので、「そんなに熱い思いで!」と男は飛び出して、もとの女と寝まくってしまったのである。

 その後、新妻のことを思い出して、行って覗いてみると、自分の居ないときは平気で粗末な着物を着て、飯を自分でよそりまくっているのを見て、すっかり興が覚めて、行くこともなくなってしまった。

百五十

 昔、奈良の天皇[奈良時代のある天皇]に仕えていた宮女があった。貴族達が求婚しても、天皇が好きなのでなびかなかった。ある時、ついに天皇に呼ばれたが、その後は呼ばれることもなかったので、恋しさとわびしさに耐えられず、猿沢池(さるさわのいけ)に身を投げて果ててしまった。

 これを後に天皇が聞いて、池のほとりに出向いて、皆に和歌を詠ませた時に、柿本人麻呂が、

わぎもこが
  ねくたれ髪を 猿沢の
    池の玉藻と 見るぞかなしき
          柿本人麻呂 (拾遺集)

と詠んだので、天皇が、

猿沢の 池もつらしな
  わぎもこが 玉藻かづかば
    水ぞひまなし

と詠んで、墓を作らせてお帰りになった。

2018/02/06

[上層へ] [Topへ]